読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メスキータ(かつてモスクだった教会)

旅行

午前1時半にマドリードを出発して7時にグラナダ到着。バスターミナルに荷物を預けるような場所がなかったので、一旦中心部の宿まで行って荷物を預かってもらい、バスターミナルに戻って8時半のバスでコルドバへ。車窓からの眺めで気づいたのは、乾燥に強そうな植物ばかりということ。なんかペルーで見た車窓からの眺めに似ている感じがした。

市内の観光地は特にきれいに整っていた。そこでランチ。水かワインか選べと言われたのでワインにした。

サラダと魚。この魚が非常に美味しかった。

歩いていたら突如現れる巨大建造物(なんかスペインそんなのばっか)。

メスキータ(スペイン語でモスクという意味らしい)

グラナダからはるばる2時間半かけてやってきたものの、日曜日の昼はやってないってことで14時までアイス食べながらふらふら散策。バーガーキングがなんかかっこいい。

川も良い感じ。

教会だったものがイスラム教徒に占拠されてモスクとなり、その後キリスト教徒が奪回して再び教会になったという歴史があるそうだ。破壊されず建物を残したというのがなかなか興味深い。その結果こんな奇妙なものが出来上がったようだ。

この延々と続く幾何学模様が教会にあるってのがなんか面白い。

真ん中の礼拝部分もかなり本格的。

異教徒に奪われたものを取り返すというのは、さぞかし特別なことだったのだろう。実に興味深かった。

バスターミナルに戻ってなんとなくビールを注文したわけだが、1.6ユーロって。。

そんな感じでグラナダに戻って久々にシャワーを浴び、10時間くらい寝た。横になって寝るのは大切だ。
本日の出費(9月16日)
バス 1.2
宿 18
バス 1.2
バス 13.6
バス 1.15
昼食 9.9
メスキータ 8
アイス 2
バス 1.15
ビール 1.6
バス 13.6
水 1.6
バス 1.2
(単位はユーロ)