読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有給休暇の取得状況

あとで自分が読んで楽しめる文章ってどんなのだろうと考えたとき、現在の自分を定点観測することが一番かなという結論に至った。何を定点観測するか、それが重要なんだと思う。とりあえず今年の有給休暇取得状況を記録してみる。
現在の会社の有給休暇は年間14日。ところがこんな規則がある。

Employee with less than one (1) year's service will have pro-rated leave entitlement.

どういう意味かというと、入社1年に満たない者は、働いた分だけ有給休暇が発生するというもの。具体的に言うと3ヶ月働けば3日休む権利が発生し、半年働けば7日休む権利が発生する。なんでそんな制度なのかは想像に難くない。すぐに辞める人が多いから、すぐ辞める人に有給を与えなくないんだろう。
そんなわけで今年の1月にフルタイムで働き始めた自分が2月末に一週間帰国しようとすると、有休が1日しかなかった。そんなわけで4日の無給休暇とくっつけて帰国した。そもそも試用期間中は休みが取れないわけだが、そんなのは交渉次第でどうにでもなる。無給休暇も推奨されないが交渉次第でどうにでもなる。

8月のは完全に計算外。9月の有休を申請したあとに運転免許が切れることが発覚し、カレンダーを見たがしばらく日本に帰る予定がなさそうとわかって急遽取ることにした。有休の使い道が全部ブログネタになっているのはなんか我ながらすごいな。
この他、医療休暇が14日ある。医師の診断書があれば認められる休暇。4月頃に咳がなかなか止まらなくて2回半休を取った(その後空気清浄機を自席に置いたら治った)。スペイン旅行後2日働いたら疲れ果てて、1日取った。診断書は言えば気軽に出してくれるので、この休暇を使いまくっている人も居る。
そんなわけで今年は有給休暇14日、無給休暇5日、医療休暇2日の計21日になりそう。日本と比べてどうのこうのという比較は無意味だし、過度の一般化は頭悪そうなので止めておく。一つの会社の一つの例にすぎないのだから。