読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めしぶろぐ@ぺなん

ペナンに行くというと、とりあえず食べ物がうまいと言われる。どんな食べ物があるんだろうと思って調べてみると、どれもこれもシンガポールにあるものばかり。全然目新しさはないのだが、安くて美味しかった。最初に食べたのは、宿の朝食に出てきたナシレマ。卵の下に隠れていて見えないが、イワシもちゃんと入っている。比べてしまうと、シンガポールのナシレマの手抜き具合にがっかりする。

Penang

次に食べたのは、クエイティアオスープ。プラナカンマンションに行く少し手前の店。クエイティアオというのは米麺の一種で、ひき肉と野菜が少し入っているのだが、このなんの変哲もないスープが美味しかった。

Penang

飲み物でわりと見かけたのはナツメグのジュース。シンガポールだとライムジュースが多くてナツメグというのは見たことがない。戻ってからペナン出身の同僚にその話をすると、ペナンではナツメグが穫れるんだそうだ。さっぱりしていて良かった。

Penang

フライドオイスター。味はそんなに違わないけど、出来立てなのが良かった。

Penang

エーデルワイスというカフェで注文したソフトドリンク。名前は忘れた。縁に塩が付いている。

Penang

ラクサ。シンガポールではココナッツミルクが入ってこってりしたカトンラクサが多く、たまにもっとあっさりしたアッサムラクサがあるのだが、このペナンラクサはどちらとも違っていた。アッサムラクサらしいのだが、もっとタマネギが入っているしなんか辛い。後味は案外すっきり。

Penang

チャークエイティアオ。上のクエイティアオ麺を焼いたやつ。同名の同様な料理がシンガポールにあるけど、ペナンのほうが美味しい。でも個人的にスープのほうが好きだな。

Penang

ホッケンミー。漢字で書くと福建麺。シンガポールだとチャークエイティアオのように焼いた感じだけど、ペナンではスープが普通みたい。エビの出汁が効いていて非常に美味しかった。

Penang

ロジャ。フルーツなどによくわからんソースをかけておやつ感覚で食べるもの。シンガポールで同僚と御飯を食べに行ったりすると、時々出てくる。正直何が美味しいのかわからないというか、ソースなしで食べたい(ロジャ全否定してるな)。それがペナンのロジャは、ソースがあっさりしていてこれはこれでありだなと思えるものだった。

Penang

シーフードビリヤニライス。無駄にお洒落な容器に入っている。味は完全にカレーだな。シーフードがおいしかった。

Penang

サテー。焼き鳥みたいなやつ。これといって特徴はない。

Penang

アイスカチャン。かき氷にゼリーがのってる感じ。妻が食べてた。

Penang

ワンタン麺。最終日の朝食だった。やはりこういうあっさりめのスープがとりわけ美味しい気がする。

Untitled

チキンライス。ネギがのってるところがシンガポールと違う。味はそんなに違わないかな。

Untitled

チェンドルというデザートを妻が買っていた。食べ物の写真は撮り忘れた。

Untitled

ホワイトコーヒー。一軒目はまずかったけど、ここのはなかなか美味しかった。

Untitled

全体的にシンガポールの半額か3分の1くらいの値段でもっと美味しいものが食べられて良かった。でもこういう違いって写真ではわからない。