読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPad miniをもらった

iPad

会社でもらったipad mini:16GB, Wi-Fiを現在使っている。ここまで便利だとは思わなかった。文庫本より少し大きく、単行本より少し小さいこの端末は、本を読むには非常に都合が良い。初代iPad, kindle2, 紙と比較して、現時点で自分にとってこれは最高の読書端末だと自信を持って言える。

  • 重量

満員電車には乗らない生活なのでこれまで初代iPadを持ち歩いて読書をしていたのだが、これが導入されてから初代iPadは家用の端末になった。重さも扱いやすさも全然違う。重さはkindle2とそれほど違わない。

  • 見えやすさ

液晶って目が疲れるのかと思ったが、初代iPadとkindle2を3年使った経験から言えば何で読んでも疲れるときは疲れる。どんなものだってずっと読んでいたら疲れるわけで、目が疲れたと思ったらとっとと使うのを止めればいいだけのこと。強いて言えば自炊本を入れたkindle2は、字が縮小されてしまって非常に読みにくかった。画面サイズ小さいし。

  • バッテリー

液晶は電池が持たないかというと、そんなことはない。そんなにずっと使ってるわけじゃないから、週1くらい充電すれば十分。kindleほど持たないけど、使う上でほとんど支障なし。使わないときに無線を切っておけばもっと持つ。

  • データ移行

kindle2は3GのみでWi-Fiがなかったので、自炊本を持って来るのが面倒だった。書籍データはGoogle Driveにあるので、Wi-Fiがあると非常に手軽に持って来れてありがたい。

  • まとめ

iPadでの読書にそこそこ満足しているところに、もっと軽量でサクサク動く端末が投入されたので使ってみたら大満足といったところだろうか。
読書以外の用途として、カメラが非常に役立っている。macbook proのカメラの調子がいまいちだったので、Skypeを音声のみにしていたがこれだと問題なし。あと先日の旅行にはカメラを持って行かずにiPad miniで済ませたが、わりと良い感じだ。HTCの携帯だと手ぶれしがちなのだが、これだとある程度サイズがあるのでわりと安定して撮れる。一眼レフなどこだわり派の人は別として、コンパクトデジカメで撮ってアップロードする人ならこれで十分だと思う。twitterでもFacebookでもWi-Fiさえあればすぐにアップロードできる。カメラとEye-FiとPCとかケーブルとか面倒なことをせずに出来るのがいい。本を読んでいて、気が向いたら写真を撮って、Wi-Fiあるところではメールも見られるし、データも気軽に送信できる。
そんなわけで、自炊本を大量に持っていて、液晶での読書に慣れていて、カメラに対してこだわりがない人には極めておすすめできる端末だ。そうじゃない人は、まあ好きなのを探せばいいと思う。Retina待ちとかは、まあずっと待ってればいいと思う。