読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルメニア旅行・準備編

旅行

そもそものきっかけは何かの勘違いだったと思う。ともかく、アルメニアというキーワードから写真を見てみたり、歴史を見てみたりすると、なにやら面白そうということで行くことにした。

でもどうやって行けばいいだろうか、というのが次の疑問。格安航空券検索サイトを見ると、シンガポールからはパリ経由で行けと書いてあって、料金は恐ろしく高かった。ガイドブックはいつものようにロンリープラネットのPDF版を買ったのだが、アルメニアだけで1冊にはならないらしく、グルジアアゼルバイジャンと合わせて3ヶ国で1冊となっていた。

なんとか安い航空券はないものかと、ロンリープラネットを読んでアルメニアに発着便のある航空会社のwebsiteを片っ端から見てみることにした。半分くらいはサイトが死んでいてなんだかなと思ったが、flydubaiという航空会社がよさげだった。

http://www.flydubai.com/en/

地図を見てもわざわざパリ経由にするより、ドバイ経由の方が飛行時間が圧倒的に短いので、ドバイまでの航空券と、ドバイからアルメニアまでの航空券を分けて考えてみた。するとエールフランスの半額くらいにおさまりそうなので、エミレーツとflydubaiの組み合わせにしてみた。日本から行くならモスクワ経由が便利だと思うが、シンガポールからモスクワに行く安い便はないのである。

アルメニアをぐるっと一回りしようと思ったが、見れば見るほど都市間のアクセス悪そうな感じだったので、今回は現地の英語ガイドを雇って連れて行ってもらうことにした。バックパックを担いでロールプレイングゲームのように動き回るのもいいけど、旅の楽しみ方ってそれだけじゃないし、けっこう安かったので楽をすることにした。

妻が現地のツアー会社とメールでやりとりして予約したので、次なるステップは手付金の支払い。

アルメニアに送金する - pho's blog

なかなか手間がかかったが、先方が無事お金を受け取って受けたらしく、契約成立。

先月の日本出張の影響で溜まった仕事を片付けながら、一週間ちょっと休むために前倒しで仕事をやっつけるのは、近年稀に見るハードさだったが、木曜夜になんとか仕事を終わらせて、休み中に期限が来るものを同僚に託し、会社でスニーカーとジーンズに着替えて、バックパックを持って空港へ直行した。

シンガポールからドバイまでは、シンガポールから東京に行くのとそれほど変わらず、あまり近くない。時差は4時間ある。以前チェコに行ったときにドバイで乗り換えたので、特にどうということはない。エミレーツがターミナル3でflydubaiがターミナル2というのを事前に知らなかったので、ちょっと焦ったが乗り換え時間はたっぷりあったのでなんとかなった。

ドバイからアルメニアの首都エレバン(Yerevan)までは3時間。時差もなくわりとすんなりという感じ。flydubaiは格安航空会社みたいだけど、思ったより普通に良かった。