読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールでビールをつくった(製造準備編)

所定の条件を満たせばビールを作って良いということがわかったので、必要な道具を買ってくることにした。オンラインでも買えるようだが、せっかく店舗があるということで前回書いたHomebrew Co-Opという店に行った。Rivervalley Road沿いにある。クラークキーからバスに乗って、リャンコートの次の次のバス停そばにFive&Dimeというカフェがあるのだが、その裏口から入って少し階段を上がった所にこの自家醸造ショップがある。この店で売っているものは一通りこのサイトに出ている。

homebrewco.com.sg

Complete Beer Brewing Kitという完全版みたいなのが180ドルで売っているのでこれを買った。一回ビール作るためには、このキットの他に水と缶切りがあればいい。店でどのタイプのビールが作りたい聞かれたので、とりあえず最初は普通にピルスナータイプを買った。

f:id:pho:20141123182620j:plain

写真を見たらわかるかと思うが、オーストラリアから輸入している。今の勤務先がオーストラリア系の会社で呑んだくれがたくさんいるのだが、こんなキットを作ってしまうお国柄なら納得だ。そして見ての通り23リットル用だったりする。その半分の11.5リットル用もあるのだが、一回の労力は一緒だから大きい方がいいと店の人に言われて従うことにした。プラスチックの物ばかりで非常に軽いのでバスで持ち帰ることはできたが、なかなかサイズがあるしmicro breweryとか書いてあるので周りからいつになくジロジロと見られたと記憶している。このキットの中身はこの動画が詳しい。

www.youtube.com

キットの中にinstruction DVDが入っていて、この2人が丁寧に実演してくれている。あと必要なのは水である。18リットルも必要なのだ。

f:id:pho:20150215164048j:plain

家から一番近くて箱買いできるところで一気に買ってしまうのがいい。家の近所にI-tec supermart(愛的市場)というディスカウントショップがあれば、たぶんそこが一番安い。18リットル1箱買って6.5ドルとか破格すぎる値段で売っていた。

I-tec Supermart in Singapore

今のところに引っ越す前はI-tecで一箱買って、300mくらい頑張って家まで運んだものである。頑張って抱えれば、持てない重さではない。腰には注意したほうがいいと思うが。

引っ越した先にはI-tecがなかったので他にどこかいいところがないか探したところ、周りのHDB(公団住宅)の1階に酒屋があってそこで箱買いできることがわかった。1箱9ドルとのこと。たぶんあれはその場の思いつきで決まった値段である。家までデリバリーしてやるぞ、18ドルでって言われたけど断った。今度の距離は50mもないので楽なものである。

これで一通り必要なものは揃ったはず。中身を確認してやるのは、この最も大きな容器を洗うこと。

f:id:pho:20141129213814j:plain

ビール造りは洗浄に始まり洗浄に終わる。下に見える2本のボトル、LO-SUDSとSanitizerを水で薄めて使う。LO-SUDSは洗剤なので道具を全部これで洗ってすすぐ。その後Sanitizerという消毒液で洗えば終了。こちらをすすぐ必要はない。

さて、そろそろ発酵プロセスの簡単な理論を書いておこう。ビールなんて作ってると農学部出身なんですかと聞かれたりするが、そんなことは全然なくて電気電子工学科という無機物ばかり扱う人生だった。でも最近パンとかヨーグルトとか発酵させていて、今更ながら酵母のすごさに気づいた。これは錬金術としか思えない。

糖→(酵母で分解)→アルコールと二酸化炭素

C6H12O6 → 2 C2H5OH + 2 CO2

この前段階でデンプンをアミラーゼのような酵素で糖化するプロセスがあるのだが、既に糖化された原料が缶に入って売っている。このドロドロしたものがビールの素であり、ここで缶切りを使う。

f:id:pho:20141206195633j:plain

このビールの素をお湯で溶かして水に薄めて、ビール酵母イースト菌)と混ぜて置いておけば、化学式にしたがってアルコールと二酸化炭素ができるんだから、酵母さんすごい。今日はこのへんで。

法律編
http://pho.hatenablog.com/entry/2015/06/13/014204
製造準備編(この記事)
http://pho.hatenablog.com/entry/2015/06/14/223627
製造編
http://pho.hatenablog.com/entry/2016/01/20/013335
ラベル編
http://pho.hatenablog.com/entry/2016/01/21/014145