読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長野旅行 きっかけ

何度も書いているが、旅行に求めるのはシンガポールにないものである。いつできたか記録に残っていないくらい古い神社とか、風光明媚な景色とか、山の幸とか、温泉とか。

大分には行ったので、次はどこに行こうかなと考えたとき、そういえば長野ってほとんど行ったことないなと気付いた。京極夏彦の「狂骨の夢」に出てくる建御名方神が祀られている諏訪大社ってどんなところなんだろうかとずっと気になっていた。大分の中津城があまりにも残念だったのでもうちょっとまともな城を見たいと思っていて、松本城が良さそうなんて思っていた。安曇野のわさび農場のドローン動画を見て以来、安曇野に行きたくなっていた。善光寺味噌とか戸隠そばとか長野近辺も見所多いし、映画「サマーウォーズ」の青々とした空が見たいから上田に行こうかという気分になるわけである。調べれば調べるほど、いろいろと面白そうなものが見つかって楽しい。

言うまでもなく酒造はたくさんあるだろうし、シンガポールでは見られない素晴らしい景色を見る機会もたくさんあるだろう。そんな感じで、点と点をつないでいって、旅の行程となる。56日長野の旅。上高地も気になったが、かなり不便そうだったので今回は止めておくことにした。新宿から中央線に沿って山梨を経由して上諏訪に入り、松本、安曇野、長野、戸隠まで行って、上田経由の新幹線で東京まで戻ってくるプランである。

特に縛りはないが、東京IN東京OUTの航空券で、長野県の出入り以外は県境を越えず、ぐるっと長野県のみを見て回る。去年の大分県もそうだったし、これが自分の基本的な海外旅行スタイルとなっている。