読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイルランド旅行・初日

金曜日に仕事を終えて帰宅してから荷造り。色々とやることが重なっていて全然準備をする暇がなく、航空券と初日の宿くらいしか取れていなかった。どこに行こうにも、そもそもどういう場所があるのかよくわかっていなかったので決められなかった。

昼過ぎにダブリンに到着。思ったより小さな空港だった。空港からダブリン市内へは行かずにキルケニーに行こうとしたが、バスの乗り場がわからなくて案内所で確認した。

まだ時間があるようだったので、simカードを買って、ギネスを飲みながらsimカードを携帯電話に入れた。simカード取り出し用のピンを持ってきておいてよかった。それにしてもsparsimカードが売っているとは思わなかった。7.5GBもあれば一週間程度全然問題なく使えた。

f:id:pho:20160701210009j:plain

f:id:pho:20160701210237j:plain

空港からのバスは、コークやゴールウェイのように遠くまで直通で行くものは多いが、キルケニーのように中途半端なのはそれほど多くない。せっかくSIMカードを入れたので、Google mapで現在位置と宿の位置を確認しながら移動した。英語も通じるし、現在位置も行き方も何も問題なくわかり、金銭的にカツカツというわけでもないので、なんて楽な旅行なんだろうと感じている。学生時代とは状況が大きく変わったんだな。

f:id:pho:20160701180703j:plain

この日に泊まるBBにチェックインして、市内を少し観光した。晴れているのに小雨が降っていて、そして寒かった。規模の小さな街で、小さな店が多く、中世の雰囲気が少し残っていて、静かで落ち着いたところだった。

f:id:pho:20160701181530j:plain

キルケニー城にも行った。芝生がとても綺麗だった。雨が降っているのに、雲間から光が差すととても良い色になる。夏のヨーロッパのこういうところが好きなのかもしれない。

f:id:pho:20160701184021j:plain

f:id:pho:20160701183746j:plain

夜はアイリッシュシチューとローカルビールを飲む。スターターのスープみたいな感覚で、シチューとかチャウダーとか出てくるが、日本で言えば豚汁みたいな感じで結構お腹いっぱいになる。パンも付いてくるのがありがたい。

f:id:pho:20160701190407j:plain

f:id:pho:20160701190008j:plain

やはり夏のヨーロッパは日が長くて素晴らしい。

f:id:pho:20160701184716j:plain

キルケニーなのでキルケニービールと考えるわけだが、地元では少し思っていたのと違った。

f:id:pho:20160701184225j:plain

キルケニーのSt Francis Abbey Breweryという修道院発300年前の歴史を持つ醸造所のビールは現在もあるのだが、現地ではSmithwick'sというブランドで売られている。発音はどう聞いても「スメディック」にしか聞こえない。アイルランド中どこのアイリッシュパブに行っても、黒いギネスと赤いSmithwick'sのタップはまず間違いなくあるだろう。この記事の一番上の写真でも左からギネス2つの次はSmithwick'sである。その醸造所見学に行くのは2日目のお話。