インド南部の高原地帯

寒くて空気の悪いデリー近郊から脱出したのは昨年の11月23日のことである。日本と毎日のようにzoomミーティングが入っているので、日本の祝日を移動日としたのを覚えている。
最初に行ったのはバンガロールである。オンラインセミナーが2つ入っていたので12月2日までじっと動かずにホテルの部屋で働いていた。洗濯物が戻ってこなかったり、電動カミソリが充電不能になったりしたが、minisoで色々補充して乗り切った。あとはワイン飲んで、ビール飲んで、肉食べてた。
その後、マイソールで一泊した後、タミルナードゥ州Ootyにバスで向かった。ニルギリという紅茶の産地でも山岳鉄道でも有名な場所である。同じ高原地帯でも北部のヒマラヤの麓とは文化圏が全然違うのが興味深い。インドの高原地帯には色々行ったが、チベット、英国植民地、ヒンドゥーをどんな割合でブレンドするのかによって特色が決まってくるという仮説を個人的に立てていて、そんなに外れてないと勝手に思っている。紅茶も鉄道も当然英国植民地の名残である。
次にどこに行くか悩んだが、タミルナードゥのもう一つの有名な高原地帯ということでコダイカナルに向かった。予約したバスがキャンセルになってタクシー代払わされたし、タクシーも真ん中の都市で別の車両に乗り継がされたので全然便利じゃなかった。コダイカナルは太陽観測所から発展した場所だとか。こういう英国植民地の影響が強いところだと教会がいくつもあって、そういえばタクシードライバーもクリスチャンだった。あと高原の特徴として、低地の熱帯にはない植物が多いということで植物園をよく見かける。インド人が行く観光地ということなのだろう。あと興味深いのがプラスチックを削減していて、手頃なサイズのペットボトルの水がない。5リットルのボトルを買って一週間分とした。
行き先というのは割とその場の思いつきで決めていて、このとき気にしていたのは大雨による洪水である。沿岸部が大変そうだから高原ばかり行っていた。この辺りでもう沿岸部は大丈夫らしいと言う話を聞いたのと、バスで10時間で最南端のカニャクマリに行けるのを知ったので、ネタとして面白そうなので行ってみることにした。毎朝ミーティングしてる同僚が住んでいるらしいので気になったという理由もある。
飛行機がデリー着いたみたいなのでとりあえず一旦ここまで。

ビザを更新しないこと(2021年12月31日の記事)

2010年にシンガポールに住み始めてから、年に1度は帰国していたように思う。日本に行くならヨーロッパを旅行したいと思うときもあったが、外人視点になってから日本の地方都市を旅行するのは何物にも替えがたい良さがあると気がついた。各地の日本酒も美味しい。そんなわけで日本に行っても東京に立ち寄らないことが多かった。
そんなときにコロナである。無理やり一時帰国することはもちろんできたが、そこまでして東京に行って、地方都市を自由に旅行できないとか正直日本に行く意味がない。一時帰国という概念をもう消滅させてしまっていいかなと感じた。日本に戻るときは地方都市を気兼ねなく旅行できるようになってから、日本と外国を行ったり来たりするのは非現実的なので帰国したら1年以上国境を越えないことに決めた。
インドビザは2022年4月までの3年ビザであり、ちょうどいいタイミングだしもう散々旅行したし更新しなくていいかなということで2022年3月に帰国することにした。2年2ヶ月ぶりの日本である。その後どうするかわからないけど、その後世界がどうなっているかわからないからなーというコメントしかない。
物理的な身体はそんな感じで移動するけど、仕事は基本的にオンラインなので今までと何一つ変わらない。3.5時間の時差がなくなる分、自分への負荷は小さくなるのかもしれない。
コロナのおかげでリモートワークになり、グルガオンにいても、バンガロールにいても、アンダマン諸島にいても、チェンナイにいても、強制隔離施設にいても、青森にいても、高知にいても、沖縄にいても、浜松にいても、京都にいても、頭も手もフルに動いて安定して遜色ないアウトプットを出せて、なんの違いもないという状態にしていけたらいいなと思っている。

ワーケーションの心がけ(2021年12月5日の記事)

ワーケーションで心がけていることとして、移動は日本が休みのときに行うというのがある。週末移動して1週間滞在してまた週末移動みたいなスタイルが基本となる。週末や祝日はお客さんとのミーティングが入らないので、時間帯を気にせず予定が立てられるのでありがたい。
ちょっとここは平日に移動しておきたいみたいな場合は、15時以降にしている。時差が3.5時間なので、18時半以降にお客さんと打ち合わせをすることはほとんどないからである。
忙しいときは朝6時半から働いて15時頃にようやく一息ついてなにか食べるみたいなスタイルとなる。外食ついでに滞在先の街でめぼしいところを見学して、疲れたらカフェで休み、ホテル戻ってきて22時くらいまで書類作ったりレビューしたりしている。忙しくないときは朝のミーティングだけ出て、あとは観光することもある。基本的に全然休みは取ってなくて、疲れたり仕事が落ち着いたら勝手に休んでいる。
心身ともに健康であり続けるために、睡眠と栄養はしっかりとって、適宜息抜きしながら自分で自分のメンタル面をケアすることが重要だと思っている。合理的に考えて動いて、お客さんに満足してもらいつつ、自分も安定してパフォーマンス出せるようなスタイルにできたらいいなと思っている。
自分の喉の健康は大事なので大気汚染から逃れることは重要だし、自分のメンタル面の安定のためにまだ見たことない土地を訪れることも大事、ということにしておこう。身体を壊しても心を壊しても結局誰も自分を助けてくれないのだから。

どこでも働けるようにするための準備(2021年12月4日の記事)

どこでも働ける背景にはそれなりの準備があると思ったので書き残しておく。
前にも書いた気がするが、ホテルはちゃんと机がある部屋を予約することが基本である。机がないと仕事にならない。
それからWiFiがあるホテルを選んで置いた方が良い。実際にホテルのWiFiを使うのかといえば必ずしも使うわけではない。4Gテザリングの方が速度出ることが多いし、ホテルが停電する度にネットワークが途切れていたらオンラインミーティングなんてやっていられないが、バックアップとして一応という位置付けである。
画面は2つ欲しいのだが、突然壊れるリスクや突然バッテリが死亡するリスクを考えるとこれらは独立して動いて欲しいのでPC2台持ち歩くスタイルになっている。
2ヶ月間フラフラするとなると4G回線が1つしかないと心もとないなと思って2つ目を契約したところである。比べてみるとこれまで使っていたvodafoneと比べてairtelは上位互換という感じのカバーエリアと速度という感じがする。ただしvodafoneはこれまでの繰越しで150GBくらい余裕があるがairtelは月40GBなので油断するとなくなってしまう。
simカード2枚を1つの端末に入れたらその端末の故障やバッテリ切れにより4Gが止まってしまうので、スマホも2台体制である。どちらにもテザリングできる状態にしている。
あと意外と重要なのがイヤホンである。安定感重視でマイク付き有線イヤホンを使っているのだが、これも長く使っていると断線してしまうので2セット持ち歩いている。シャオミショップで買い足したのもこれである。
ウェビナーやるときにひげがやばいことになるのは困ると思ったので今回は髭剃りも持ち歩いている。充電器を持ち歩きたくなかったのでtypeC給電できるシャオミのものである。
あとUSB機器5口の充電器やモバイルバッテリは当然持ち歩いている。移動が多くなるので読書端末としてiPad miniも常備。読みきれないくらい本が入っているので退屈することはない。
こうしてみるとけっこう冗長化が確立できている。先週はこの装備でウェビナーを2つ乗り切った。
実際のところけっこうスマホでも仕事をしていて、寝起きでslackでコメントしたり、メール返信したりしている。日本と3.5時間時差があるので、遅くなってからPCでガッツリ返事するより、タイムリーにスマホで反応する方が何倍も価値があったりするのである。まあ通知は切ってるけど。

インドで滞在した都市(2021年11月まで)

インドを旅行するためにインドに滞在していると公言していて、21ヶ月くらいインドの外に出ていないわけだが、こうしてみるとコロナ禍でありながらけっこう旅行できている。我ながらなかなか頑張っている。一覧にして気づいたが、この頻度で旅行することとオフィスに通うことを両立するのは事実上不可能なわけで、これまでは週末弾丸的な旅行が多かった。今はネット環境があればどこでも働けるので、ワーケーションスタイルで遠慮なく1週間くらい行けるようになっている。仕事が炎上気味だとホテルから一歩も出られないこともあるが、そうでなければ日本との時差が3.5時間あるので平日でも早朝から働き昼過ぎに観光に行けたりする。昼ごはんを現地らしいものにするだけで良い気分転換になる。

2006年

9月2日デリー

9月3日〜4日グジャラート州アーメダバード・パリタナ

9月5日〜8日マハーラーシュトラ州ムンバイ・オーランガバード・アジャンタ・エローラ

9月9日ウッタル・プラデーシュ州アーグラ

2019年

3月3日〜5日テランガーナ州ハイデラバード

3月6日〜9日カルナータカ州バンガロール

3月10日〜13日デリー・ハリヤナ州グルガオン

5月4日 ハリヤナ州グルガオンに引っ越し

5月18日〜19日ラジャスタン州ティジャラ

6月1日〜2日ラジャスタン州ジャイプール

6月21日〜23日マニプール州インパール

7月20日〜21日パンジャブアムリトサル

(8月8日〜17日一時帰国と関西)

8月30日〜9月2日ジャンムカシミール州ラダック

(10月5日〜8日オマーン・マスカット)

(10月25日〜28日ウズベキスタンサマルカンド

11月14日〜17日カルナタカ州バンガロール

(12月19日〜29日香港・深圳・桂林・陽朔)

(12月30日〜1月1日一時帰国・東京)

2020年

(1月2日〜4日中国・深圳)

(1月18日〜19日タイ・バンコク

2月9日〜11日マハラシュトラ州ムンバイ

(2月16日〜19日バングラデシュダッカ

9月9日〜13日ビハール州パトナ

11月17日〜22日オリッサ州ブバネーシュワル、プリ

12月20日〜27日ゴア州

12月31日〜1月4日マディヤプラデーシュ州カジュラホ

2021年

1月13日〜19日西ベンガル州コルカタ

7月17日〜24日ヒマチャルプラデーシュ州シームラ、チャンディーガル

8月7日〜14日テランガーナ州ハイデラバード

9月4日〜11日西ベンガル州ダージリン

9月18日〜25日ウッタランチャル州ナイニタール

113日~10日カルナタカ州マンガロール、チクマガルル、バンガロール

f:id:pho:20211114145857j:plain

 

シムラー・チャンディーガル旅行準備

コルカタ旅行から半年が経過した。2月3月は妙に忙しく、4月5月はコロナが爆発的にやばく、6月はまた仕事が忙しく、気がつけば7月になってしまった。

ちなみに旅行と言っても休みを取っているわけではなくて、滞在先のホテルで働いていて、オンラインミーティングにも出ていて、メールにもslackにも普通に返事をしているので、言わなければ多分わからない。昼に観光して朝晩まとめてメールの返事をしたり、慣れてくればいろいろとやりようはある。仕事の負荷が軽い時期はやりやすい。この一週間は日本が職域ワクチン接種をしていたり、祝日だったりして、ミーティングやメールが減っていたので良いタイミングだった。

インドにはまだまだ行きたいところがあるのだが、コロナの感染状況や各州の制限を考えると行ける場所が限定されてくる。自分としては、まだPCR検査・抗原検査をやったことがなく、隔離もやったことがないので、できれば検査隔離不要な州に行きたいと思っている。とは言ってもまだまだ感染したくないわけで、感染者が多い州もまだ止めておきたい。各州の人口は3000万だったり、1億だったりまちまちだが、Active感染者数が10000人を下回る州であれば、自分のスタイルの旅行で確率的に感染するリスクは低いだろうというラインを自分で設定している。

現在インドではケララマハラシュトラがひどく、他の南インドの州は改善しつつあるがもう少し時間が必要な感じで、バングラ付近の東インドは数としては少ないがちょっと嫌な増え方をしていて、北インドだけが安心して旅行できると感じている。その中で検査隔離不要の州としてヒマチャルプラデーシュが候補に上がった。7月8月は雨季で最近実際に大雨で土砂崩れが起きて通行止めになったというニュースも確認していて行こうかどうか少し迷ったが、土砂崩れが起きた場所はヒマチャルプラデーシュの山奥の方なので手前なら大丈夫だろうと判断して行くことにした。情報を収集して理解の解像度を上げることはとても重要である。思い込みや無知により的はずれな懸念をすることは無駄だから、手を使って情報を集めて頭を使って考えないといけない。

とりあえずカルカシムラ鉄道には乗りたい、シムラーは涼しそうだからちょっとのんびりしたい、チャンディーガルコルビジェ関連も見ておきたい。1週間くらいでまあいいかということで、出発前日に紙に旅程表を書き出して、MakeMyTripでいろいろと予約した。カルカシムラ鉄道の本数が少ないので、この日時を決めるのが最初のタスクである。

朝5時45分発の列車が所要時間4時間40分で停車駅も少なく良さげだったので、それを基準に考えてみた。その時間に合わせて夜行で行くことも考えられるが、カルカ駅の徒歩圏内に泊まればゆっくりできそうと思ったので、最初の目的地はカルカに決定。カルカまで電車で行ってもバスで行ってもいいのだが、タクシーで行くことにした。自宅からホテルまでタクシーとか手抜きにもほどがある。カルカシムラ鉄道のチケットを買うには目的地の住所が必要なので、シムラーのホテルを選んだ。駅から歩いていけるところで、とりあえず3泊という適当さ。

こんな感じでシムラーまでの工程のチケットをいろいろMakeMyTripで金曜夜に予約し、土曜日の朝起きてから荷造りをして、朝10時に出発した。

ワクチン接種時の感染リスクを下げるには

5月1日より18歳以上もインドのワクチンサイトであるCowinに登録可能になったため、自分のIDを登録して空き状況を確認しながら予約を試みている。しかし、ワクチン争奪戦はなかなか激しい。

記事中に「298の空きスロットが15秒で埋まった」とあるが誇張なしでこういう状態である。Faridabadまで行って接種してきたというコメントを見て確かにそこまで移動すれば空いているかもと思った。
さてそのワクチンサイトであるが、なかなか残念な状態だったらしい。

予約して実際に行かなくても接種済み扱いになっているとか、なんともチェックが甘く、他の管理体制もちょっと心配になるくらいだ。今後は4桁のセキュリティコードを現地で発行して、それにより実際にワクチンを接種したかどうかを管理するという。
ワクチン予約サイトを見ているとどこもけっこう不便なところにあって、歩いていけるような感じではない。これはUber必須だなと思っていたら、Uberの方でもUberに乗ってワクチン接種に行こう的なキャンペーンをやっている。キャンペーンコードを入れると無料になるらしい。

どうせ大した金額じゃないので個人的に無料かどうかは重要でないのだが、Uberでワクチン接種が当たり前になれば乗車拒否されるリスクが低下するのでありがたい。最も懸念しているのは、ワクチン接種した帰りに乗車拒否されて炎天下の中で徒歩で帰宅しないといけない状況である。なるべく家の近くで予約できたらいーなー、今月末くらいにはちょっと空いてこないかなと期待している。
ちなみに、ムンバイにはドライブスルー型のワクチン接種センターがあるらしい。ワクチン接種時の感染防止にとても有効だと思うのでこういうのは非常にありがたい。

それから家まで来てくれるサービスがバンガロールにあるそうだ。

http://myvacc.in/

こういうスタートアップが出てきているのはとても良い傾向だと思っている。