ヨーグルトメーカーがやってきた(6年ぶり2回目)

インドロックダウン生活も2ヶ月になる。なにやらヨーグルトの消費がやたらとハイペースになってきて、いちいちヨーグルトを買いに行くのが面倒になってきた。インドのヨーグルトは安いがせいぜい400gのサイズがメインなので、いつもたくさん買わないとすぐになくなってしまう。

ではいっそのこと家で作ろうかと思ってヨーグルトメーカーを買った。Yogurtの機能しかまだ使ってないが、Wine/nattoの方はきっと温度が違うのだろう。

f:id:pho:20200512191939j:plain

ヨーグルトメーカーも2台めとなると解像度が上がってくるので細かな違いも見えるようになってくる。あんまり安いやつだとタイマー残り時間の表示がないが、あれがないと動いているのかもよくわからないのであったほうがいい。

f:id:pho:20200513114233j:plain

容器の熱伝導性については、使ってみるまで気が付かなかった。容器を熱湯で消毒するのだが、以前使っていたプラスチック製と比べて金属製の容器だと熱伝導性が高く、熱すぎて外から容器に触れるのが困難。というわけで熱湯消毒がやや大変である。f:id:pho:20200513162716j:plain

いくつかパラメータを振りながらインドでの自分好みの最適条件を見出そうとしている。

第1回 - 種菌(ヨーグルト):Nestle a+ nourish; 牛乳:Amul Gold; 時間:12時間

第2回 - 種菌:Epigamia Greek Yogurt; 牛乳:Amul Gold; 時間:12時間

第3回 - 種菌:Epigamia Greek Yogurt; 牛乳:Nestle a+ nourish; 時間:12時間

第4回 - 種菌:Epigamia Greek Yogurt; 牛乳:Amul Gold; 時間:11時間

 

f:id:pho:20200513155817j:plain

第3回、第4回では、停電により途中で止まったため、十分な時間が取れてないと思われる。

UPSを導入するなど、実験環境の安定化も検討する必要がありそう。

それでもそこそこちゃんとできるような環境になったので満足した。

参考:6年前の記事

2018年3月中国滞在まとめ(深圳、東莞、汕頭、張家界)

あとでたどりやすいようにまとめページを用意しておこう。とても充実した11日間だったのがよくわかる。やはりおすすめは武陵源と天門山だろうか。

316日いつもの深圳

http://pho.hatenablog.com/entry/2020/04/25/184233

317日 電気街

http://pho.hatenablog.com/entry/2020/04/25/190450

318安室奈美恵巡回告別独唱会 in 深圳湾体育中心 

http://pho.hatenablog.com/entry/2020/04/26/153148

319日東莞の工場へ

http://pho.hatenablog.com/entry/2020/04/26/230753

320 ELECROW, JENESIS, 汕頭

http://pho.hatenablog.com/entry/2020/04/30/225339

321日汕頭玩具展示場

http://pho.hatenablog.com/entry/2020/05/01/185708

322日 深圳ビール屋巡りからの張家界

http://pho.hatenablog.com/entry/2020/05/02/222901

323武陵源

http://pho.hatenablog.com/entry/2020/05/04/000019

324日 天門山

http://pho.hatenablog.com/entry/2020/05/05/025238

325日 深圳で良さげなビール屋を探したが、見つからなかった話

http://pho.hatenablog.com/entry/2020/05/06/012027

326日 華強北のカフェ

http://pho.hatenablog.com/entry/2020/05/09/230919

2018年3月26日華強北のカフェ

蘭州拉麺の店でご飯物を注文することも多い。

f:id:pho:20180326102922j:plain

コンビニで飲むヨーグルトをよく買う。

f:id:pho:20180326105008j:plain

電気街で工具の店に行った

f:id:pho:20180326113319j:plain

観光バスに普通の荷物が乗っていて興味深い。

f:id:pho:20180326121209j:plain

華強北のカフェにも行った

f:id:pho:20180326122045j:plain

おしゃれカフェだった

f:id:pho:20180326122410j:plain

なんか華強北に似合わず意識高い感じだった

f:id:pho:20180326123320j:plain

Huaweiショップでモバイルルーターを買った

f:id:pho:20180326144433j:plain

そして香港空港へ

f:id:pho:20180326171045j:plain

香港空港ではフードコートでタイ料理を食べることが多かったとなんとなく思い出す

f:id:pho:20180326174630j:plain

そんな感じで10日間の滞在を終えた。戦利品を並べた写真を撮ると記録としてとても良い。

f:id:pho:20180328084534j:plain

2018年3月25日深圳で良さげなビール屋を探したが、見つからなかった話

朝から空港に行き、深圳に向かう。

f:id:pho:20180325054241j:plain

いつもの宿に荷物を置き、いつもの店で蘭州ラーメンを食べる

f:id:pho:20180325124150j:plain

張家界に行く際に荷物になるからと買わないでおいたものを電気街で買ってきた

f:id:pho:20180325130231j:plain

そして旅に出る。バスに乗る。

f:id:pho:20180325153326j:plain

特に目的があったわけではないが、高徳地図でビール屋を探してた。ビアカフェみたいなのに行ってみたが普通のカフェだったのでコーヒー飲んだ。

f:id:pho:20180325161310j:plain

それから次のビール屋に行ってみた。チェーン展開しているNIU BEERだが、みたところあまりおもしろい感じの店ではなさそうと判明。

f:id:pho:20180325165748j:plain

付近を歩いていると酒屋があった。

f:id:pho:20180325171147j:plain

白酒とか梅酒とか買った。色々種類あるけど、それを見極めるほど自分の解像度は高くない。

f:id:pho:20180325171156j:plain

夜は別のBEERと書いてある店に行った。なんか思ってたのと違う。

f:id:pho:20180325184707j:plain

でもとりあえず店にある酒は飲む。

f:id:pho:20180325185438j:plain

食べ物は普通に美味しい。

f:id:pho:20180325185722j:plain

f:id:pho:20180325191547j:plain

また木桶飯が食べたくなったらしく、この後別の店で食べているようだ。

f:id:pho:20180325195501j:plain

こんな感じで大して目的もなく深圳をフラフラすることが増えたように思う。

2018年3月24日天門山

天門山へ行くロープウェイの乗り場手前にドームシアターがあったので入ってみた。客は自分ひとり。

f:id:pho:20180324092641j:plain

ムササビのようなウイングスーツによる飛行を疑似体験できて楽しいが、あれ実際に飛んだらかなり怖そうだと思った。とりあえず実際に行く前に全体を見ることができてよかった。

f:id:pho:20180324104723j:plain

全体の地図があったので写真を撮ったが、雲海を突っ切っていくようなすごい地形である。

f:id:pho:20180324095136j:plain

ちなみに往路がロープウェイで復路がバスというルートとその逆が選べた気がする。

f:id:pho:20180324101900j:plain

雨で見えにくいところも多々あったが、ここで既にすごい景色だった

f:id:pho:20180324103922j:plain

更にリフトで移動。これもとても良い体験だった。スキー場とかでリフト乗り慣れてないと怖いかもしれない。

f:id:pho:20180324114752j:plain

こんな山奥にこんな広大な宗教施設があることに驚きを禁じえない。

f:id:pho:20180324120424j:plain

水墨画の世界の距離感というものがようやくわかった気がする。こんな壮大な景色は実際に見るまで想像できなかった。

f:id:pho:20180324141659j:plain

仙人がいるとしたらこういうところに住んでそうだ。

f:id:pho:20180324143511j:plain

こんなとんでもない地形の場所がきちんと整備された観光地となっているのがすごい

f:id:pho:20180324154547j:plain

下から見てもなかなか激しい

f:id:pho:20180324155344j:plain

バスで市内まで戻って、晩御飯に木桶飯を食べた。

f:id:pho:20180324173005j:plain

張家界は結局実質2日だけしか滞在しなかった。最低3日。4日あっても良かったと今は思う。湖南料理とかも全然食べてない。ともかくこれまで中国で訪れた場所で最も衝撃的だったし、世界で見ても3本の指に入るレベルの観光地なのでとてもおすすめ。

2018年3月23日武陵源

朝に宿で観光ルートを教えてもらった。事前に全然調べてなくてよくないなあと思ったが、宿の人がとてもわかりやすく教えてくれた。あとお金が尽きそうでピンチだったのでATMの場所にも連れて行ってもらった。

観光ルートは武陵源という市内から結構離れた所と天門山という市内から割と近い所がメインらしい。ガラスの橋は武陵源よりさらに遠く、武陵源自体もちゃんと見ると3日かかるとか。実質2日しかなかったのでまず武陵源のメインの所に行き、翌日天門山に行くことにした。

f:id:pho:20180323120546j:plain

武陵源行きのバスターミナルの場所を勘違いして大幅に時間ロスしたが、実際のところ別にツアーなどに参加せずとも余裕で行けるくらい観光地として整備されている。ボロボロのローカルバスに乗って行く旅行はそれだけで楽しい。

f:id:pho:20180323102443j:plain

敷地はとてつもなく広いのだがどこに行っても通信状態が安定していてインフラの強さを実感する。観光地なだけあってトイレもきれい。ゴンドラに乗って景色を眺めていると自分の想像を軽く越えたスケールの世界が広がっていて、なんだファンタジーかといいたくなる。

f:id:pho:20180323131457j:plain

展望スポットのような所がたくさんあるので、そういう所一つ一つ見て行くだけでも楽しめる。籠で運んでもらうこともできそうだが、使っている人はいなかった。

途中でinformation centerや駐車場のある広い場所に出た。映画アバターのブロンズ像があったので、ここが公式認定観光スポットなのがわかる。

f:id:pho:20180323134126j:plain

民族衣装を着た人が案内している観光スポットのような所があったので入ってみることにした。説明はさっぱりわからないがビジュアルからしインパクトあるものが多いのでそれはそれで楽しめる。ガイドの人が持っている旗にQRコードがついていて、投げ銭できそうだった。

f:id:pho:20180323135858j:plain

弓や銃の体験、蜂蜜などのお土産販売があるのはいいんだけど、そういうものは展示の最後にまとめて欲しかった。真ん中にあってわりとうんざりした。

f:id:pho:20180323144153j:plain

そして引き続き崖っぷちを歩く。南京錠が大量にぶら下がった場所を通りひたすら歩く。

f:id:pho:20180323150605j:plain

天気はまあまあ良くて眺めが非常に良かった。

f:id:pho:20180323160521j:plain

自分が想像していたレベルを軽く超えていく景色がここにはある。そんな感じで中国の奥深さの一部を垣間見た気分になった。

f:id:pho:20180323162052j:plain

この辺りから天気が崩れてきたので、エレベーターで下まで降りて、出口に向かった。

f:id:pho:20180323171649j:plain

来たときとは別の出口で、観光バスばかり停まっていて、張家界行きのバス乗り場がわからない。結局雨も降ってきたし面倒になったのでdidi呼んで帰った。

夕食はいろいろ美味しそうなものがあったが、一人だと二皿が限界。

f:id:pho:20180323194654j:plain

湖南省ではいろいろお酒も作っているようでとても気になったがとりあえず現地っぽいビールを飲んだだけ。

f:id:pho:20180323194814j:plain

この日はそんなところ。

Aarogya Setuというアプリの話

インドの電子情報技術省(MeitY)は、42日にCOVID19の感染拡大を防止すべくAarogya Setuヒンディー語a bridge to healthcareという意味らしい)というアプリをリリースした。自覚症状に関する問診結果と電話番号をユーザーが入力し、GPSによる位置情報とBluetoothによる近接端末との通信を利用することにより、現在位置のリスクを知り、陽性反応が出た場合にもクラスター特定を容易にするものと理解している。ちなみにこのアプリはリリースして13日で5000万ダウンロードを記録し、ポケモンGOの世界記録を塗り替えたそうである。

https://www.mygov.in/aarogya-setu-app/
51日にMinistry of Home Affairsより出されたガイドラインでは以下のように規定された。

15. Use of Arogya Setu(原文ママ) app shall be made mandatory for  all employees, both private and public. It shall be the responsibility of the Head of the respective Organizations to ensure 100% coverage of this app among the employees.

つまりこのアプリのインストールが推奨ではなく義務付けられることとなった。しかしながら、インド人の大半はスマートフォンを利用していないことは無視できない。51日の時点で8000万人がこのアプリをインストールしているが、5.5億人いると言われるフィーチャーフォンユーザーにはまだリーチできていない。政府としてもこの点は認識しているらしく、フィーチャーフォン用にも何かしら用意すると述べている。

https://economictimes.indiatimes.com/tech/software/aarogya-setu-coming-on-feature-phones-to-cover-the-entire-country/articleshow/75493148.cms

このアプリに対して野党の党首であるRahul Gandhi氏がどうせ外注だろう、データセキュリティ・プライバシーは大丈夫か、とつぶやいているのに対し、MeitYのトップであるRavi Shankar prasad氏が外注なんてしていないと回答するやりとりがtwitter上で見られてちょっと面白い。

https://twitter.com/rsprasad/status/1256599550627741697

そんなAarogya Setuというアプリ、技術的には消費電力の低減の工夫やBluetoothの端末間通信のトリガーがどうなっているのか気になるところだが、パーソナルデータの観点でも収集した個人情報をどのように匿名化し、どのように線引きをして他の人と共有しているのか気になるところである。ソースコードが開示されていないので、実際のところどのようにデータ処理されているのかわかっていない。

最後にこのアプリの詳細について紹介しておこう。わりと細かくバージョンアップしていて、これは2020年5月2日時点のV1.1.1である。

f:id:pho:20200503022116j:plain

BluetoothGPSのアクティブタイムが追加されたのと、半径何kmと範囲を選択することにより近くのユーザーの問診結果や陽性反応が出た人の人数を知ることができるようになったのが最近のアップデート内容である。

f:id:pho:20200503022839j:plain

自分の住んでいる州とインド全土に関して感染者数と回復者数がすぐに見られて便利である。

f:id:pho:20200503023006j:plain

まだ申請したことがないのでよくわからないが、外出許可証を申請するとe-passという形でアプリ上で表示されて、印刷することなくアプリを警察に見せることで通行止めを突破できるのではないかと推測している。

Aarogya Setuの他にもたくさんこのようなアプリがあるらしいが、詳細は確認できていない。

https://theprint.in/tech/india-is-using-at-least-19-apps-to-track-and-trace-covid-19-including-aarogya-setu/401459/

このような感染症拡大防止という課題をインド政府がテクノロジーを用いてどう乗り切っていくのかは、非常に興味があるので今後の展開が楽しみである。