印象に残った5つの酒蔵

話の流れでお勧めの酒蔵はどこですかと尋ねられたので、頭の整理も兼ねてまとめてみることにする。

大分県日田市・薫長酒造 https://www.kuncho.com/

f:id:pho:20151024095201j:plain

いいちこの蒸留所やサッポロビール工場もある日田なので酒蔵もある。酒蔵の歴史ある建物を自由に見学でき、昔の酒造りの工程を一つ一つ学ぶことができる。

試飲できるお酒も美味しかったが、500mlの蔵元限定酒純米大吟醸が素晴らしかった。

f:id:pho:20151024095842j:plain

兵庫県神戸市・神戸酒心館(福寿で知られる)https://www.shushinkan.co.jp/ 

f:id:pho:20170110121615j:plain

灘は非常に多くの酒造が密集している。白鶴、菊正宗も非常に展示が充実していて限定のお酒も試飲コーナーも素晴らしい。泉酒造も非常に丁寧にお酒の解説をしてくれるし、琥泉も非常に美味しかった。

しかし一つ選ぶなら福寿の酒心館を推したい。どれも美味しいのだが、蔵直採り生酒が特に良かった。近くに住んでいる人は、空のボトルを持っていってこの旨い酒を補充しているらしい。それも一つの贅沢の形なのだろう。ちなみにここに併設されている料亭の料理も非常に美味しい。

f:id:pho:20170110123040j:plain

長野県諏訪市・麗人酒造 http://www.reijin.com/

f:id:pho:20160516172226j:plain

上諏訪駅から徒歩圏内に諏訪五蔵と言われる5つの酒蔵がある。真澄、横笛、舞姫、本金、そして麗人。酒蔵の雰囲気と酒の味で好みだったのは麗人である。

にごり酒もなかなか良かったが、青いボトルの純米吟醸もいい。酒蔵の中を見学させてもらえなくても生酒や本数の少ないものなど流通に乗せにくいものが置いてあって、酒蔵の人が解説してくれることが多いので現地に足を運ぶのは良いものだ。

f:id:pho:20160516170642j:plain

三重県伊賀市・大田酒造(半蔵で知られる)http://www.hanzo-sake.com/

f:id:pho:20170111155534j:plain

たまたま泊まったホテルで橋本酒造「俳聖芭蕉」若戎「義左衛門」大田酒造「半蔵」の飲み比べに伊賀牛のしぐれ煮がついて500円という破格なものだったので滞在中毎日注文したのだが、蔵元も訪問してみた。冷蔵庫から数本出してもらって、一つ一つちびちび飲みながら四合瓶を1本か2本買うというプロセスがとても幸福に感じられる。

f:id:pho:20170111160012j:plain

新潟県新潟市・今代司酒造株式会社 http://imayotsukasa.co.jp/

f:id:pho:20180225140049j:plain

新潟駅にはぽんしゅ館というコインで利き酒スポットがあるが、駅から少し歩いたところで酒蔵見学を積極的に受け入れている酒造がある。ここ今代司酒造も薫長や麗人のように200年以上歴史があり、様々なタンクや酒粕をじっくりと見せてくれる。

タンクの蓋を開けて、蓋で扇いでもらったら、日本酒を醸している良い香りがした。

f:id:pho:20180225141642j:plain

小さいところだと受け入れるキャパシティがないので、酒屋で買ってくださいと言われてしまうことが少なくないのだが、快く受け入れてくれる酒蔵も多いので、日本国内を旅するときは酒蔵を訪問するようにしている。ここの裏の田んぼで作った米から酒ができるのかとか見られたりすると非常に満足度高い。新鮮な酒を作られた場所でその地域の料理とともに飲むのが好きなので今後も継続していきたい。

ルアンパバーン2日目

ルアンパバーンには「何もない」が「ある」みたいな禅問答のような話をよく聞く。メコン川の支流であるナムカーン川を見下ろすカフェUtopiaに行ったときにその意味がわかった。

f:id:pho:20190405093655j:plain

ラオスにいったい何があるというんですか?という村上春樹の紀行文集にもそんな話があった。ちなみにこの本はラオスの話なんてほとんどなくて、ボストンや熊本の話ばかりなのだが、この人のエッセイや紀行文はこの人の小説よりも好きなので良いこととする。

それにしてもこのカフェ、入り口のところで驚いた。京都のあの寮の談話室そのものではないかと。人をダメにする空気が凄まじく、やる気が限りなく吸い上げられてしまう。

f:id:pho:20190405090738j:plain

川沿いを少し歩くと竹の橋がかかっている。雨季には使えなくなるものらしい。

f:id:pho:20190405102712j:plain

少しお金を払えば渡れるので渡ってみたが、一歩踏み出すたびに表面の竹がミシミシ変形するのでちょっと怖い。徳島のかずら橋の五倍位怖い。案外土台はしっかりしているので身の危険は感じないが、何かのきっかけで一箇所崩壊するとすぐに全滅しそうである。

f:id:pho:20190405102946j:plain

橋を渡ったところにラオラオというローカル米焼酎を売っているところがあるが、このときはあまり見ていない。

f:id:pho:20190405103716j:plain

それからその後数回行くことになるJoma Bakery Cafeへ。ベーカリーというだけあってパンがとても美味しい。コーヒーも美味しく、店も居心地が良い。

f:id:pho:20190405105655j:plain

道を歩いていると何か干しているのが見えた。よくわからなかった。

f:id:pho:20190405124423j:plain

たまたまグーグルマップでヨーグルトの店を見かけたので行ってみたら、格安でフローズンヨーグルトを売っていた。

f:id:pho:20190405124700j:plain

一番と言われると反例を探したくなるので、他の店でヨーグルトを注文してみた。まあどっちも美味しいな。よく固まるギリシャ系ではなく、サラサラのダノン系に近い。使っている種菌がそういうタイプなのかもしれない。ちなみにこのフランス系カフェのクロワッサンすごく美味しかった。渋谷のヴィロンと甲乙つけがたい。

f:id:pho:20190405131411j:plain

あとはローカルの店でカオソーイとか揚げ春巻きとか食べてビアラオ飲んでた。

f:id:pho:20190405173808j:plain

f:id:pho:20190405174407j:plain

ビアラオゴールド。

f:id:pho:20190405173127j:plain

こんな感じで当たり障りなくどうということもなく過ごしていた。それがある種ルアンパバーン的な「正しい」過ごし方なのだろう。

町を歩くときはトゥクトゥクを使わずにひたすら歩いて回っている。レンタサイクルくらい借りても良かったかもしれないが、歩けないこともない。気になった道をくまなく歩き、自分の脳内にある地図と重ね合わせ、方角や距離感の微調整を行い続けることによってレイヤーが一つ増える。脳内でARができる。そんな瞬間がたまらなく楽しいから旅を続けているのかもしれない。地図を見ること自体も好きだが、地図の上の情報が現実の地形に重なったときの自分の世界が広がった感覚がとても好きだ。

知らない土地に降り立ったときのやや不安な気持ちから、数時間歩きまわって何か征服したような錯覚を覚えるまでのプロセスがいい。だからこれからも未知を遭遇していきたい。

 

 

ルアンパバーン初日

よく話には聞いていたがまだ行ったことがなかったラオスルアンパバーンシンガポールからは比較的行きやすいが他の地域からは行きにくいようだったので、scootで安い航空券が見つかったこともあり今回行くことにした。どこでも普通にインターネットが使えるようなので、シンガポールに居るのと同様にメールの返信をしたりできるだろうと見込んで出発(実際に特に問題なかった)。

f:id:pho:20190404121130j:plain

当日にLonely Planetの該当する章だけをPDFで購入したが、あとは軽くネットで見たくらいで全然調べてなかった。宿はBooking.comでそこそこ中心に近いらしい所に一週間分予約している。まずアライバルのビザが必要なのかがわからない。同じ飛行機に乗っていた大量のフランス人とおぼしき集団がアライバルビザのところに列をなしていて、そこにJapanese USD30と書いてあったのでなんか必要っぽいと思って並んでみたけど、結局不要だった。15日以内の滞在には要らないそうだ。

f:id:pho:20190404115221j:plain

両替所より手前にsimカードの販売所がいくつかあって、USドルとタイバーツの支払いを受け付けているのだが、両替所まで行ってしまうとそこまで戻って来れないという謎システム。両替所のそばにもう一つsimカードの販売所があったのでそこで購入した。有効日数とデータ量から選べて、ラオスの通貨キープでも払える。モバイルルーターを出して、マイクロsimを入れたら特に設定などしなくても使えた。910日間10GBというのを買ったけど、パッケージとかはくれなくて、使えればいいでしょみたいな感じだったのでいろいろと謎である。これは他のところでもそうで、チケットとかレシートとか言わないと渡してくれないケースが何度か見られた。あまりそういう管理をしていないのだろう。

市内に行くには定額の乗り合いタクシーがあった。小さいゲストハウスの名前を言ったら知っていたらしくちゃんと連れて行ってくれた。午前中だったが問題なくチェックインできたので、荷物を置いて昼食を食べに出た。ちなみにラオスは中国、ベトナムミャンマーカンボジア、タイと国境を接しているが、中でもタイの影響を強く受けている。パッタイ美味しかった。

f:id:pho:20190404133308j:plain

またSaffron Coffeeがいいらしいという情報を入手したので行ってみた。

f:id:pho:20190404140651j:plain

その後も何軒かカフェに行っているけれどもここのが一番美味しい。ルアンパバーンの豆を使って、ここで焙煎している。淹れ方も選べるのも良い。

f:id:pho:20190404141522j:plain

ルアンパバーンに来たらとりあえず丘に登るらしいので登ってみた

f:id:pho:20190404162155j:plain

なんかいろいろ居る

f:id:pho:20190404162922j:plain

そこそこ見晴らしが良い

f:id:pho:20190404163342j:plain

中心部にあるのでとてもお手軽な丘だった

f:id:pho:20190404164441j:plain

夜はビアラオ飲んだり、ラープというローカル料理を食べたりした

f:id:pho:20190404170431j:plain

f:id:pho:20190404171529j:plain

半日くらい歩き回ってみて、案外広いという印象を受けた。レイキャビクくらい小さいのを想像していたがその何倍も広さがある。歩けないこともないけど端から端まで歩くとちょっと距離がある感じ。時々ofoで走り回っている観光客を見かけたが、ofo生きているんだろうか。

トゥクトゥクと呼ばれる原付きに人を乗せる荷台が付いたものが走っているが、荷台のサイズが明らかに他の国のものと違って6人くらい乗れそう。見た感じそれがスタンダードみたいで、場所が変わるとニーズが変わるので物の形も変わるのだなと勝手に理解した。

道路は舗装されているし、エアコンのある店はたくさんあるし、ATMもたくさんあって、4Gの通信も整備されているし、カフェのトイレではトイレットペーパー流せるのに、ハノイみたいな社会主義的な雰囲気あって全体的に貧しく見えるのが非常に興味深い。別にチェーン店とか大規模商業施設とかなくていいんだけど、店とかスカスカであんまり働いてなさそうで、ちゃんと回っているのかなという気分になった。

初日の出費(単位1000LAK)

simカード 90

乗り合いタクシー 50

パッタイ 30

コーヒー 40

入場料 20

ラープ  45

ビアラオ 13

シャンプー 10

2018年に買ったもの(1万円以上)

スマートフォンもPCもタブレットも買ってないけど、今年買ったもの(1万円以上)何かあったかなと思って考えてみたら7つあったので、それについて書いてみる。

1. Oculus Go

一人で映画館に行く習慣のある人とか、PCやタブレットでドラマやアニメを並行作業ではなくちゃんと見ている人とかが買うととても幸せになれるもの。VRとか360°動画とかはわりとどうでも良くて、周りの環境を遮断して目の前に巨大なスクリーンを持ってくることができる動画再生デバイスとしてとても優秀。人をダメにするソファとかベッドとかで、スクリーンの位置を調整してダラダラ動画を見るのに最適だし、そのまま寝てしまっても良い。

2. ノイズキャンセリングヘッドホン

飛行機や電車やバスの中でとても活躍した。spotifyの音楽をiPhoneにダウンロードしておいて、これでじっくり聞くのがとても良い体験だった。もう有線の煩わしさに戻れないし、もうノイズ聞いているんだか音楽聴いているんだかよくわからない環境には戻れそうにない。スマホを充電するみたいにUSBで充電できるので、とてもお手軽。畳むと見た目よりはけっこうコンパクトになる。

3. モバイルルーター

このモバイルルーターにStarhubのプリペイドsimを入れておけば、香港でも中国でも日本でもアメリカでもタイでも手軽に手持ちのデバイスからWiFiでつないでインターネットを使える。さすがに32台同時接続可能なら足りないことはないし、TD-LTE対応なので中国移動も問題なく使える。バッテリも25時間大丈夫なのでよほど充電し忘れない限りは安定して使える。

 4. Tello

【国内正規品】 Ryze トイドローン Tello Powered by DJI
 

これは買ってすぐに天井ぶつけてモーター一つ死んだのであまり使ってない。交換用のモーターを買ったので修理すれば使えるけど、もうちょっと安い小米MITUのミニドローンの方が少しセンサー少なくてなんとなく思ったように飛ぶのでTelloは放置気味。

 5. DIYスピーカーとヘッドホン

 USのApp Storeアカウント必須の自作スピーカーと自作ヘッドホン。今ならどちらも30ドルオフ。これで遊ぶのは楽しかったし、一通りアプリのチュートリアルにしたがって作って試して満足したけど、その後使っているかというと使ってないな。別に損したとかは全然思ってなくて、もう元は取れたと思っている。

6. マイク

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー  H2n

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー H2n

 

360°カメラと組み合わせて立体音響を録音するには良いらしいと評判を聞いてちょっと前に買ってみたものの、まだ使えてない。どこで何を録音したら楽しいかなと考えたりしている。

 7. CrowPi

厳密に言えばkickstarterでバックしたので買ったわけじゃないけど、自分がバックしたときは既に成立していて、きちんと出荷が見込まれるものだったしちゃんと届いたので買ったものと言ってもよいだろう。RapsberryPiにディスプレイと各種センサーが付いていてこれだけでいろいろ遊べるというもの。セットアップしていくつか遊んだきりであんまり使ってないな。

旅行でいつも持ち歩くくらい活用しているのは1から3の3つ。やっぱり無線は良い。2019年はOculus Questは買うとして、あとはどうなるか。読書端末として使っている初代iPad miniがそろそろきつい感じなくらい。Galaxy S7もiPhone 7Macbook Pro(Early 2015)もまだなんとかなりそう。

揖斐川の町・大垣

関市駅から岐阜駅までバスが出ているので、多少時間はかかるがそれほど不便ではない。岐阜といえば織田信長

f:id:pho:20181130093424j:plain

岐阜を見て回ろうかとちょっと思ったが、何も調べてないし大垣に行ってしまおうということで電車で大垣に行った。飲み物の自販機でチップスターとか蒟蒻ゼリーとか売ってて、なんかここは違うぞという軽い牽制を食らう。

f:id:pho:20181130101030j:plain

どうせ暇だからと歩いて駅からソフトピアジャパンまで行ったらやたら遠いし、道は全然楽しくなかった。ここにも信長像。

f:id:pho:20181130110335j:plain

まだ空っぽな大垣ミニメイカーフェア会場。

f:id:pho:20181130110513j:plain

ソフトピアジャパンに泊まるのでチェックインできるかなと思ったら19時に来てくださいと書いてあったことに気づく。荷物を預けられないかなと思ったが、コインロッカーも預ける場所もなくて、諦めて大垣駅に戻る。バスだとらくちんだった。当たり前である。

駅のコインロッカーに荷物を預け、バスターミナルの反対側の出口に出ると巨大ショッピングモールがあった。大垣は郡上八幡や関とは全然規模が違う都市だということを思い知らされた。あと車ない人には住めない場所なのもわかる。サンマテオとかマウンテンビューとかそういうカリフォルニアのだだっ広さを感じた。

f:id:pho:20181130121253j:plain

ショッピングモールのリンガーハットで牡蠣ちゃんぽんを食べてウロウロしていると、とてもインパクトあるキャラメルの自販機を見つけた。

f:id:pho:20181130125747j:plain

それから、上流の方の揖斐川を見に行こうみたいな適当な理由で養老鉄道に乗った。

f:id:pho:20181130131846j:plain

岐阜県の酒蔵を検索したときに、郡上八幡・美濃・関・岐阜のような長良川沿いでは全然見つからなかったのに、大垣のような揖斐川沿いでは見つかったので、上流に行けばシンガポールでは見られない田園風景が広がっているのだろうと勝手に期待した。

それにしても揖斐駅前の店、営業時間短すぎ。

f:id:pho:20181130135417j:plain

空が広いっていいなと思ったりした。

f:id:pho:20181130143916j:plain

水の流れが見たかったけど、揖斐川の支流はカラカラに乾いていた。

f:id:pho:20181130141055j:plain

そんな感じで満足して大垣駅に戻った。少し歩くと大垣城があった。数段階段を上がっただけで、すぐ天守閣みたいなコンパクトゆえのショートカットというかお得感のある城である。

f:id:pho:20181130155022j:plain

更に歩くと奥の細道むすびの地なんて場所があった。案外観光スポットあるじゃないか、大垣。

f:id:pho:20181130160455j:plain

こういうベタな観光地は一周回って好きになった。現地の人の目線でとかもうどうでもいい。観光客には観光客の楽しみ方がある。

f:id:pho:20181130160441j:plain

そしてこの近くに老舗の酒造があった。

f:id:pho:20181130160945j:plain

白川郷というお酒をここで作っているらしい。新酒も飲みたいと言ったら試飲させてくれた。

f:id:pho:20181130161414j:plain

飲んだ中で新酒の白川郷の濁り酒が気に入ったので4合瓶を一本買った。続いて行ったのは武内酒造。

f:id:pho:20181130164135j:plain

試飲したいというと次から次へと出てきて、どれも違ったベクトルに美味しい。

f:id:pho:20181130164316j:plain

美味しい酒がどれもこれも安くて驚いた。最終的に買った大垣城ひやおろしなんて1080円。でも他の地域の酒と遜色ないくらい美味しい。

f:id:pho:20181130164327j:plain

どちらも大垣駅から歩いていける距離にあるので便利でおすすめである。近頃は別に酒を作っているところを見せてもらわなくても、酒造の直売所みたいなところでかなり満足できるようになった。酒屋や居酒屋とは全然違う体験ができる場所である。

関の刃物を見てきた

何年か前に関出身の大学時代の友人が刀鍛冶の写真を公開していて、一度は関の刀鍛冶を訪れたいと思っていた。

古式日本刀鍛錬 | 関市役所公式ホームページ

今回残念ながらタイミングが合わず古式日本刀鍛錬は見られなかったが、他の施設を見学することができた。長良川鉄道の刃物会館前駅で降りると便利である。

f:id:pho:20181129122035j:plain

当たり前であるがぐいぐいと刃物を推してくる

f:id:pho:20181129122114j:plain

包丁やはさみやナイフなど様々な会社の様々な形の刃物が集結している。ちょっと古びた雰囲気だけど展示してあるものは楽しめた。

f:id:pho:20181129122144j:plain

次にやってきたのは関鍛冶伝承館。刃物会館からそれほど離れていない。

f:id:pho:20181129132757j:plain

700年前に九州からやってきた人が関での刀鍛冶を始めたそうだ。

f:id:pho:20181129133234j:plain

原材料を見てもつながりが全然ピンとこない。安来の和鋼博物館のたたら製鉄のところで見ているかもしれない。

f:id:pho:20181129133637j:plain

鉄は熱いうちに打てみたいな感じで絵面的にはとても馴染みあるものだが、実際にここで非常に高い温度で叩きながら何をやっているのかはここで解説文を読むまで知らなかった。成型だけしているのかと思ったら、薄く伸ばして何度も折りたたんでいるのか。

f:id:pho:20181129133052j:plain

造り込みの種類もいくつか書いてあって非常にわかりやすい。

f:id:pho:20181129133521j:plain

最終的にあの切れ味を出すのは研師の仕事なんだろうと思う。全然知らないと全部おなじに見えるけど、一つ一つけっこう違うと今回見学して思った。

f:id:pho:20181129135030j:plain

 神棚があって、工業ではなく神事なのだと感じた

f:id:pho:20181129135107j:plain

やっぱりかっこいいなと、修学旅行で木刀を買ってしまう中学生のような感想を抱いてしまう。

f:id:pho:20181129140701j:plain

刀匠にも当然いろいろあって、これはいくらでも沼になる分野だなと正直思った。

f:id:pho:20181129135147j:plain

刀の重さは約1000gなのでそんなに重くなかったが、振り回すには重い。

f:id:pho:20181129135316j:plain

建物のすぐ外にこんな宣言があった。50Hzと60Hzの分岐は富士川だし、フォッサマグナにしてももっと東であるが、不破関や関が原はもっと西であり、細かいことはどうでもいいかという気分になる。ちなみに現在の日本の人口重心地は関市内にあるらしい。

f:id:pho:20181129142852j:plain

関が関東と関西の境目かどうかは別として、関が刀の町であることは間違いなさそうだ。

f:id:pho:20181129143120j:plain

美濃の和紙とうだつの上がる町並み

実際に岐阜に行こうと思うまで意識したことはなかったが、美濃と言ったときに示す範囲にはばらつきがある。具体的には美濃市美濃国は全然違う。美濃焼で知られる地域は美濃国の東濃であり、ミニメイカーフェアの大垣は美濃国の西濃にあたる。カンガルーの西濃運輸ってここだったのかと今回軽く衝撃を受けた。そして美濃市というのはかつて美濃国だった地域の一部に過ぎず、美濃紙の和紙で知られるのもこの地域である。

そんなわけで郡上八幡からバスで美濃インターチェンジまで行き、そしてタクシーで美濃市の中心部へ向かった。

f:id:pho:20181129102121j:plain

ここに来るまで「うだつが上がらない」のうだつについて考えたこともなかったけど、卯建という物理的なものが存在するのだとここで知った。

最初に訪問したのは、美濃和紙あかりアート館である。和紙を使った照明が展示されている。どれもコンテストの入賞作品だとか。

f:id:pho:20181129095447j:plain

小学生から大人まで様々な作品があって、とても器用でクリエイティブだなと思った。NeoPixelと組み合わせたらもっと面白くなるんじゃないかなとも思った。

f:id:pho:20181129095925j:plain

アクリル樹脂と和紙の組み合わせは面白い試みだと思う。

f:id:pho:20181129101210j:plain

このところギラギラLEDばかり見ていたので、こういう奥ゆかしいのはそれだけで新鮮味を感じる。

f:id:pho:20181129101038j:plain

次に訪れたのは旧今井家住宅・美濃史料館。かつて和紙問屋だった屋敷である。

旧今井家住宅・美濃史料館:建築:観光情報:美濃市観光情報

縦の線が入るのは美濃和紙を使った障子という豆知識を手に入れた。

f:id:pho:20181129103530j:plain

とにかく和紙問屋で儲かってしょうがなかったらしく、とにかく金をかけた屋敷なんだなーという印象が残った。近頃はシンガポールから来たとかいうと説明が面倒くさいので東京から来たというようにしているが、東京からやって来る個人客すらあまりいないらしく驚かれた。

f:id:pho:20181129104508j:plain

水琴窟のある庭園は久しぶり。毎日水を補充しているとは知らなかった。

f:id:pho:20181129105017j:plain

話を聞いていて思ったのは、天皇が来たとか、表彰されたとか、迎賓館で使われているとか、そういう権威についてベラベラ言われても薄っぺらすぎてうんざりするだけだな。美濃和紙自体の凄さを自慢してほしかったんだけど、ここは問屋であって別に和紙を作っているわけじゃないから無理なのか。

最後に和紙を売っている店に行った。

f:id:pho:20181129110915j:plain

この店の品揃えはよく、見ているだけでも非常に楽しかった。扇子を買ったのだが、とても軽くて丈夫で驚いた。

ここから徒歩で美濃市駅に行き、電車で関に向かった。

f:id:pho:20181129120421j:plain

切符の日付を手で書くなんて初めて見た。長良川鉄道おそるべし。

f:id:pho:20181217000511j:plain