読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンガリー二日目・パンノンハルマの大聖堂

旅行

10日程度の短い旅をスムーズに進めるためにやったほうがいいのは、何時にどこから出発するか決めて、乗り場と時刻表を事前に確認すること。この日というか前日に、それを怠っていたためにちょっと慌てた。やはり手抜きはよくない。

滞在していたジュールはハンガリーの西部で、さらに西のオーストリア国境付近のショプロン(Sopron)に行こうかとも考えたが日程的に厳しいのでここで南下してバラトン湖畔のケストヘイ(Keszthely)に行くことにした。そしてその前にジュールから近いパンノンハルマ(Pannonhalma)の大聖堂に行くという流れである。

とりあえず宿の中庭で朝食。こんなに快適なら外で食べたくなるのもわかるという気候。

f:id:pho:20150705070452j:plain

チェックアウトしてバスターミナルに向かう。ロンプラ情報によれば市庁舎の前にバスターミナルがあるんだそうで、そこに向かった。で、そこにあったのはバス停2つだけ。市内のバスにはいいだろうけど、案内板の地図を見る限りどうみても長距離用ではない。前日にちゃんとバス乗り場をチェックしておけばよかったと思うも後の祭り。きょろきょろと辺りを見回して、現地の地図を探し、バスターミナルの位置を探す。すると線路を越えてすぐのところにあった。

大きな荷物を持ってパンノンハルマに行くのは嫌だったのでコインロッカーを探したが、バスターミナルにはなく、駅のロッカーを使った。小銭が役に立った。そしてバスターミナルの時刻表でパンノンハルマ往復してケストヘイにいくスケジュールを考える。最初間違ってArrivalの方の時刻表を見てた。実に紛らわしい。

ちなみにバスの時刻表はなかなか難易度が高い。時刻の所に変なマークがついていて、下に注意書きが書いてあって、意味不明だから。ここのバスターミナルはWiFiが入ったのでgoogle translationを駆使して頑張って理解した。

あと紛らわしいのは、Pannonhalma Vár行きとPannonhalma行きの両方があるところ。Várの方は圧倒的に本数が少ない。このへんはgoogle mapとかを見ればすぐにわかるんだろうけど、このときはまだSIMカードがない。推測を働かせて、Pannonhalma自体は普通にいろんなところに行く通り道だから本数が多いけど、大聖堂がある所はちょっと離れていてあまりそっちまで行ってくれないのではないかと仮説を立てた。そしてVár行きのバスに乗ると、大聖堂のすぐそばまで連れて行ってくれた。歩けないこともないけど1.5kmくらいありそう。小高い丘の上にあって、なかなか見晴らしが良かった。

f:id:pho:20150705110246j:plain

1000年以上の歴史をもつ修道院

f:id:pho:20150705110209j:plain

ここの音声ガイドの日本語は非常にしっかりしていて情報も充実していてよかった。端末の位置情報に基いて、その場所に関連した情報が提供される。

f:id:pho:20150705110942j:plain

図書館も非常にいい雰囲気の空間になっていた。

f:id:pho:20150705111958j:plain

f:id:pho:20150705112218j:plain

修道院と同様に1000年以上の歴史を持つワイナリーは予約してなかったので見ていないが、ここでワインを一本買った。なかなかいい雰囲気の場所である。

f:id:pho:20150705120146j:plain

f:id:pho:20150705115257j:plain

パンノンハルマからジェールに戻り、駅のロッカーから荷物を回収してケストヘイに向かった。乗り継ぎはかなりギリギリだったけど、時間と乗り場を確認しておいたので行けた。車窓から見た向日葵がとても良い。

f:id:pho:20150705141136j:plain

こういう景色を見ると、遠くまで来た甲斐があったと感じる。

f:id:pho:20150705152922j:plain

そしてケストヘイからgoogle mapのキャッシュを頼りに宿まで歩く。そんな便利な場所ではないのでお勧めできないが一応紹介。

www.booking.com

こんな女子度の高い部屋を案内されても。。。という気分になった。

f:id:pho:20150705171008j:plain

街中を少し散歩した。

f:id:pho:20150705175026j:plain

f:id:pho:20150705175321j:plain

f:id:pho:20150705180047j:plain

ハンガリーって歴史があるはずなのにどれもこれも新しいというか作ってる最中だったりする。いろんな勢力が侵攻してきて、どれもこれも壊されてしまったのかもしれない。

f:id:pho:20150705190233j:plain

ワイン美味しい。野菜は、なんか酢漬けのものが多い。