読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大分旅行まとめ

概要 

はじめに:大分旅行のきっかけ。福岡空港へ。

1日目福岡空港から宇佐神宮へ。豊後高田泊。

2日目:国東半島から安心院葡萄酒工房へ。中津泊。

3日目耶馬溪中津市内観光。別府泊。

4日目:大分香りの博物館と内成棚田。由布院泊。

5日目由布院観光から臼杵磨崖仏へ。臼杵泊。

6日目大観峰、そば街道、鯛生金山。大分泊。

7日目いいちこ日田蒸留所と小鹿田の里。日田泊。

8日目:薫長酒造とサッポロビール工場。福岡泊。翌日シンガポールへ。

めしぶろぐ:大分で食べたもの色々。

使ったお金

航空券(往復税込)57000円

宿代(8泊)87000円

宿はだいたい一泊二食付きなので食費はそんなにかかってないはず。交通費はタクシーにけっこう乗ったので少なからずかかっているけど、記録してないので不明。

買ったお酒

宇佐神宮で御神酒を買った。まずかった。

安心院で買った新酒赤ワインは美味しかった。

臼杵の小手川酒造で買った焼酎はカボス入れて飲むと美味しい。日本酒も作っている酒造だけど、タイミングが合わず残念。

今回は残念ながら行けなかったが、臼杵の酒屋で買った鷹来屋のお酒。

日田にはお酒がたくさん。いいちこ日田蒸留所で原酒2本といいちこを買った。

薫長酒造では2本買った。

ひやおろしは期待通りおいしく、蔵元限定酒もそろそろ開けようと思う。

ちなみにシンガポール入国の際に酒税は、xリットルy度のお酒に対して88*x*y/100ドルかかる。720ml15度だと88*0.72*15/100=9.5ドル。焼酎やウイスキーのような蒸留酒1リットルまでと日本酒やワインのような醸造酒1リットルまで免税であり、度数の高いものを免税側に割り当てることができる。今回40度の焼酎と25度の焼酎を買ったわけだが、40度の方を免税にして、25度の方の税金を払った。今回初めて知ったがお酒の金額に応じて消費税も払わなければならない。額は小さいけれど。

そんなわけで今回度数の異なる9本のお酒の酒税最小化問題を解いて、申告して税金を払った。